顧客ニーズという言葉は、ビジネスシーンではよく使われる言葉です。
多くの企業が顧客がニーズに着目して商品開発を行っています。
もちろん営業マンにおいても、顧客に商品やサービスを提案する上で顧客ニーズの意味を理解し、的確に把握することは営業活動の本質でもあると言えます。

ニーズにはさまざまな解釈があります。

「ニーズ」という言葉は、営業マンであればだれでも聞いたことのある言葉です。
顧客の志向の考え方が広がりを見せる中で、顧客が持つニーズに着目するという考え方は今日では特に大切になってきています。
しかし、「ニーズとは何ですか?」と聞かれても具体的に回答をするのは難しいものです。

なぜなら、ニーズの考え方の解釈は、複数の考え方が存在しているからです。
現在でも、学者などによってさまざまな解釈が行われています。
そうした現状に対しては、ニーズとは顧客側の視点から考える必要があるために、それほど容易にとらえることができないということを示唆していると考えればよいのです。

それほど、顧客の心理をとらえるというのは簡単なことではないのです。

一般的な解釈としては、「顧客からの要望」という意味でとらえられるていることが多くなっています。
つまり、顧客の意見や要望 = 顧客ニーズという考え方です。

しかしこれでは少し抽象的であり、営業マンとしてはもう少し踏み込んでとらえておきたいところです。

ニーズについて、次のように提言をします。
「ニーズとは、顧客が抱いている現状と理想像のギャップである」

顧客はさまざまことに関して、現在の姿と理想の姿をイメージしているものです。
それが顧客が持つニーズなのです。

そう考えると、ニーズは「必要性」と考えることもできます。

顧客ニーズを把握することが重要だといわれています。
それは、顧客が商品やサービスを購入するときには、ニーズが大きく関係してくるものだからです。

顧客ニーズを的確に把握し、そのニーズに沿った商品やサービスを提案することが営業マンには求められているのです。