新規顧客にアプローチをかける際に、電話でアポイントをとるケースが多いと思います。

しかし、電話をかけるタイミングを外してしまうと、相手が外出中だったり、多忙を極めていたりして、なかなか電話で話せないこともあります。

電話によるアポイントどりは、午前中に集中して行いましよう。

一般的に、午前中のうちであれば相手が会社内にいる可能性が高いからです。
特に9時半~11時半の時間帯を「アポどりのゴールデンタイム」と考えています。

午後になると相手が外出したり、会議に入ったりして連絡がとりにくくなります。

一方、午前中のうちに集中的にアポをとってしまえば、自分も昼前から外回りの営業に出かけられます。

ただし、業種や職種によって忙しい時間は異なります。

たとえば、営業先が飲食店の場合、昼前後とタ方以降の来店客で混む時間帯は、営業の電話は避けましよう。

お客さまの状況を考慮したうえでアポイントの電話を入れるのがマナーです。

相手が落ち着いて電話に出られる時間を狙ったほうが、アポイントをとりやすくなります。
アポどりを行う際には、丁重な姿勢で、手短に「目的」を伝えましよう。

名刺交換だけなのか、商品説明なのか、「目的」がはっきりしていないと、相手はほしくないものを売りつけられるのではないかと警戒します。

単に「とりあえず会ってくれませんか?」と言う営業マンに付き合っているほど暇ではないはずです。

そして、アポどりは簡潔に行います。
たまに、アポどりのときに商品やサービスの説明をはじめてしまう人がいます。
売りたいという気持ちはわかりますが、まだ人間関係ができていないうちに売り込むと印象が悪くなります。

アポどりの際はアポを確保することに徹しましょう。
見込み客が会うことに積極的ではないときは、日程を複数用意するのが有効です。