インサイドセールスとは社内で営業をする営業方法のことを指します。この営業方法は多くの企業で行われています。

近年ではSNSの普及からオンラインセールスといった電話やメール、WEB会議といった営業方法も出てきています。これも多くの企業に注目され浸透しつつあります。

 

では、インサイドセールスは今でも多くの企業で使われていますがこの営業手法を行うときにはどのようなことに意識したり注意をする必要があるのでしょうか。

 

〇訪問営業とインサイドセールスの違いって何?

 

営業手法として、お客様と対面して営業を行うのか、非対面で行うのかというのが訪問営業とインサイドセールスの大きな違いです。営業する側としては、お客様の表情が見えないため話していることが伝わっているのか、お客様は今どのように思っているかなどはわかりにくく難しい点だといえます。

 

なので、インサイドセールスで営業をする場合には、お客様への説明が分かりやすくなければなりません。口頭での説明や紹介になり身振り手振りもつけられないので訓練する必要はあります。

 

〇インサイドセールスを行う際の大切なこと

 

◎電話で愛業をかける際には、最初に出た相手によってアプローチ方法を変える

 

上記のことを意識しましょう。以下は電話に出た受付の人にどのように話すべきかを記していきます。

 

◆若い女性の場合

 

はきはきと明るく、そして少し早口で。初めて感を出さずに、知り合いであるかのように話しましょう。

 

◆年配の女性の場合

 

社会人としての年数は重ねている可能性が高いです。

なので、今まで営業の電話を受け付けたことも何度もあり、断り方もよく知っています。

なので、フレッシュな感じではなく受付の女性に断ってはいけない電話であると認識させるくらいの気持ちでいきましょう。少し低めのトーンで、私は社長だと思うくらいのゆっくりした話し方を心がけましょう。

 

◆若い男性の場合

 

同じ営業職の場合もあり得るので、年配女性のときと同じように話しましょう。

 

◆年配の男性

 

電話に最初に出た人が年配の男性の場合は、その人こそがキーパーソンである可能性もあります。

なので、ハキハキした話し方で、要件は短く伝えましょう。

 

◎相手の名前を呼びましょう

 

電話に出た相手とはできるだけ距離を縮めたいものです。なので、なるべく早い段階でさん付けで呼べると良いでしょう。

 

◎お客さまとの電話は対話です

 

電話で営業をすうときに、誰にでも同じ内容のことをただ伝えるだけでは営業ではありません。

5人のお客さまがいれば5通りの話し方や話す内容があります。

相手がどのような相手なのかをよく知り、その人に合った話し方を心がけましょう。

 

◎堂々と

 

営業電話となると、もちろん強い口調で何か言われることがあります。

 

しかし、そんなことにひるんでいては先に進めません。

動揺はお客様にダメな営業マンと思わてしまうことがあるので、堂々としていることが大切です。

 

◎電話であれど、対面しながら話していると思いましょう

 

非対面だからといって、肘をつきながら話をしていたり、下を向いていたりしながら

 

営業電話をするのは論外です。

非対面だからこそ、真正面をしっかり向いて、相手が目の前にいるかのように身振り手振りを使いながら電話で話をすることで相手に伝わりやすくなります。

 

◎相手の反応を見逃さない

 

表情が見えないからこそ、相手の声や話し方でお客さまの気持ちを読み取ることが大切です。

声のトーンが低くなったなら、何か疑問に思っていたり、納得がいっていない可能性があります。

そんなときにはすぐにお客さまの思いを聞いてみましょう。

 

以上がインサイドセールスを行うときに大切なポイントです。すぐに始めることができるものばかりなので、ぜひ実践してみてください。