会社の経営をするには戦略を立てて商品を売っていく必要があります。その戦略は一つではなくいくつもの戦略を準備しなくてはなりませn。そしてそれらの戦略が会社の未来を左右するといっても過言ではありません。

 

制度の高い戦略を立てていくには、多くの作業でったり調査であったり、多くの労働時間を割く必要があります。そうした中で会社の方向性を決める大枠を決めるものがあります。それが、経営戦略と営業戦略です。この二つの戦略は一体何が違うのでしょうのか。

 

 

〇経営戦略と営業戦略の違い

 

経営戦略…会社の目標やゴールを決め、その目標を達成する、ゴールに到達するための戦略

 

営業戦略…経営戦略で決めた目標やゴールに到達するための具体的な手段を決めること

 

この二つの戦略を貯金として考えてみましょう。

 

貯金の目標額を設定し、貯金を増やすための方法を考えるのが経営戦略です。

 

・貯金を増やす理由は何か

・その貯金額が必要なのはなぜか

・目標の貯金額に到達するために先行投資はするべきなのか

など考えていくことです。

 

これに対して営業戦略は、貯金を増やすためにどのような方法があるのかを具体的に考えていくことです。

 

・アルバイト、パートなどを始めてお金を稼ぎ貯金に回すのか

・今の仕事では収入が少ない場合は、転職をして収入を増やして貯金に回すのか

・今までの出費を見直し節約をして出費額を減らし、減らした分を貯金に回すのか

このような具体策、手段を考えていくことが営業戦略です。

 

 

〇会社経営の中での営業とは

 

会社の規模によって重要視する、戦略は違ってきます。例えば小規模企業の場合。資金や人員数が少ないため、営業戦略はとても重要です。なぜなら、大企業に比べて現時点での環境での経営方針は限られてくるからです。その中で最大の利益を作り出さなければならず、そのためには営業戦略が重要ということになるのです。

 

会社の中での営業という仕事は会社の利益を生むために重要なポジションです。なので、営業部は常に効果的な営業方法はもちろん、プロモーション方法も模索していく必要があります。

 

〇経営戦略の段階

 

経営戦略には3つの段階があります。

1 企業戦略…第一段階である企業戦略。これはスタート地点と言えます。経営をしていく上でのビジョンの策定を行うことです。経営理念もこの段階で決めていきます。

 

2 事業戦略…次に利益を生み出すための製品やサービスに関する戦略や購買意欲を喚起するための活動の方法を思考し、検討していきます。

 

3 機能戦略…商品やサービスを具体的に進めていくため、昨日ごとにどのように展開していくかを具体化することを言います。商品の開発や設計、財務や人事などのこともここで決まていきます。

 

 

会社は大きな組織です。この組織を動かしていくのは簡単ではありません。しっかりとして戦略を考えていかなければ、利益を得ることができません。また、商品やサービスの市場やニーズは日々変化していきます。その変化にも対応できるスピード感も営業には必要になってきます。