電話営業が緊張する理由として挙げられるのは、相手の顔が見えないからという事です。

 

表情が分からないから相手の心理を読み解く事が出来ずに、声だけが頼りとなります。
暗闇の中を手探りしている感覚と似ています。

 

電話をかけても、大抵は始めから好意的に話を聞いてくれる事は無いと思います。

 

相手の反応によって対応を変えたり、会話を弾ませたりして警戒心を解く事によって、アポイント獲得の確率を上げるのです。