例えば、ひとくちにBtoCの商材と言っても

 

・サービスに加入してもらうテレアポ

 

・商品を購入してもらうテレアポ

 

・投資関連の情報提供のテレアポ

 

など、商材によってターゲット層もトーク内容も全く違い、多種多様なテレアポがあるので、トークは何を誰に売りたいかという事を練り込んでいく必要があるのです。