例えば、電話の目的がアポイントを取る事だとします。
ついつい商品やサービスについて長々と説明をしてしまいがちですが、電話で理解出来る内容は限られています。

 

お客様に話を聞いてみたいと興味を持ってもらう事が、テレアポのゴールなのです。

 

興味を持っていただいても、そこで気を抜いてアポイントが取れなければ成果にはならないのです。