・初期費用:1万円~5万円(初期費用無しの会社もあり)
・架電費用:100円前後/1件

 

テレアポ代行は、初期費用に加え、架電数に応じた費用が発生する料金体系が多いです。
また、1コール目で不在だった際に2コール目以降の電話を掛けるか掛けないかで費用が異
なります。

 

初期費用と架電数に応じた費用に加えて、アポイント獲得数に応じた費用が発生する一部
の成果報酬型の料金体系のサービスも多いです。
中には初期費用と架電数に関係の無い完全成果報酬型のサービスも存在していますが、こ
ちらは珍しい料金体系なのです。

 

訪問営業に対応可能な人員がそれなりにいて、営業を効率化したいという場合は、初期費
用と架電数に応じた費用が料金体系が向いているでしょう。
訪問営業から売上に繋がる確率が高い、成約1件あたりの売上がそれなりにある場合は、一
部成果報酬型のサービスを選ぶのもおすすめします。

 

テレアポを進めていくにあたって、見込み顧客リストは、利用企業側が用意するのが一般
的となっていますが、中にはリストの最適化を行ってくれるサービスもあるのです。

 

テレアポに欠かせないトークスプスクリプトは、テレアポ代行業者が、企業のヒアリング
を行い作成する流れが一般的でしょう。

 

その際に自社の商品やサービスの強みが明確で有ればあるほど、効果的なトークスクリプ
ト作成に繋がります。

 

テレアポ代行を利用する際は、営業の売上向上や効率化といった課題を抱えているケース
が多いと思いますが、改めて自社の商品、サービスについて見直しを検討されてみてはいかがでしょうか。