繰延資産は、支出した費用で、その支出の効果が将来にわたり現れるものを表します。

支出した費用を一度資産計上して、効果が及ぶ期間にわたって償却する事で費用化を行います。

※棚卸資産等資産や固定資産の取得に要した費用、前払費用に相当するものは対象から除きます。

 

繰延資産には会計上の繰延資産と、税務上の繰延資産が存在します。