コール課金型は、BtoC向けのテレアポ代行を行っている会社に多い形態とされています。
BtoB向けのテレアポ代行事業を行っている会社は成果報酬型が多いでしょう。

 

単純に商談数を増やす為のアポイントであれば、成果報酬型で委託する方法が良いです。

 

一方、マーケティング活動の一貫として、見込み顧客の声の収集や、休眠顧客の掘り起こしが目的であれば、コール課金型で委託する場合もあるのです。

 

ですが、初回から月額固定型で委託する事は避けたほうが良いです。

 

テレアポという行為1つとっても、どの程度効率的に行う事が可能かどうかは各社で差があるからです。

 

その点、一定の効率化が高い確率で期待出来る、又は自社で仕組みを作るうえでのコンサルティングが必要、かつ、コンサルティングも受けられるのであればよいでしょう。