●アウトソーシングにしたらどうなる?

 

1. コストダウン

まず企業のコストの幅をしめているのは人件費。電話対応をアウトソーシングするだけで社員一人分のコストが浮くのです。それ以外にも採用人事や教育費といったコストもかかります。電話代行にすることでコストパフォーマンスはよくなるのです。

 

2. 教育する必要がない

自社で電話対応をする人を採用したとしても、その日に電話対応を完璧にこなせる人など、ほとんどいません。しっかり対応してもらうためには、教育が必要です。そうなると電話対応マニュアルを作り、研修を行い、電話対応できる人を教育係に回さなければなりません。この手間を考えると電話代行の便利さに気付くはずです。

 

3. 自身の仕事だけに一本化できる

電話対応の仕事が無くなれば、そのぶん他の仕事に集中できます。電話対応をこなす事で起こる、連絡やクレーム対応や発注などの業務から解放されます。電話対応をプロに任せるだけで、自身の本来業務に集中できるという大きなメリットがあります。電話の取次というのは以外と手間かかります。これをアウトソーシングする付加価値は大きいのではないでしょうか。

 

4. 安心感

企業したばかりに人や、忙しい部署では社内でゆっくりと業務をこなす事は少ないと思います。そこで心配になるのが、社内にいない時の電話対応です。そこを電話代行に頼むことで、確実な電話対応をしてくれるため安心です。不安とコストの軽減は仕事への安心感に繋がります。