近年では、外壁塗装やリノベーション、生命保険の販売会社などで電話代行サービスを利用する企業も増えてきました。
電話代行サービスは、電話対応のアウトソーシングです。
事務所の代表電話、事業部の電話を代行することが主な業務になります。
電話代行のメリットとしては、
①自社スタッフを育てる人件費・教育費といったコストを削減できる 
②社員は電話対応のために仕事を中断することなく、本来の業務に集中できる 
③専門オペレーターの質の高い対応で、企業への信頼感や印象がアップする
④社員のオフィス不在による機会損失を防げる 
⑤応対後の取次転送サービスで、用件がすぐに担当者に引き継がれる、などが挙げられます。
一方、デメリットとしては、①オプションなど追加費用がかさむ場合がある 
②想定外のケースでは不安なこともある、などが考えられます。
電話代行の導入によるメリットはたくさんありますが、自社に必要な機能とオペレーターの品質だけは必ず押さえておきたいポイントと言えます。