最近は外装塗装工事やリノベーション工事などの建築関連会社、不動産や保険などの販売会社などのビジネス・シーンでは、電話よりメールを使うことが多くなりました。
でも、電話にはメールにはない利点もあります。
例えば、口調により細かいニュアンスが伝わる、リアルタイムでのやり取りできるのでタイムロスが少ないなどです。
企業のカスタマーサービスにおいても、メールだけという場合もありますが、電話代行などを使ってきちんと電話対応できるようにしているところもたくさんあります。
「メラビアンの法則」では言語情報はわずか7%、聴覚情報は38%、視覚情報は55%といわれます。
情報がうまく伝わるのは、メールなら7%、電話なら45%ということになります。
とはいえ、電話はきちんと対応できれば相手に好印象を与えますが、そうできなければ相手の心証を悪くするのも事実。
顔が見えないからこそ、声の調子や相手を待たせる時間など細かな心配りが一層大切になりますね。